2.お祝いの言葉

お問合せはこちら


出産祝いを贈る時に、ぜひ一緒に添えて贈りたいものが、メッセージカードです。出産祝いの品を送ることだけが一般的に出産祝いと考えられていますが、正式には送り状としてメッセージカードを添えるのが、最も失礼のない出産祝いになります。ですので、目上の方に出産祝いを贈る場合には、必ず送り状としてメッセージを添えるようにします。なお、出産祝いを現金や商品券で贈る場合には、メッセージカードを添えるのが一般的です。現金や商品券だけでは無機質になりがちですが、メッセージカードを添えることで、出産祝いとしての暖かさも贈ることができます。
とはいえ、メッセージカードを書くとなると少し難しいのではないかと考えてしまいがちです。しかし、基本の書き方さえしっかりとしておけば、内容は、出産に対するご自身のおめでたい気持ちが伝わるものであればなんでも構いません。あまり構えすぎず考えると、素敵なメッセージカードになるでしょう。
<正式に出産祝いの添え状としてメッセージカードを贈る場合>まずは、前文からはじめます。前文には、季節の言葉を一言入れ、相手のご家族を思いやる一言も添えます。ただし、出産祝いの添え状とする場合には、省略されることがほとんどです。前文に続いては、「ご出産、おめでとうございます」等の、出産祝いの言葉を述べます。そして、母子の健康を祈る言葉やこれからの子育てを励ます言葉、赤ちゃんの成長を願う言葉を一言二言、入れます。その次に続くのは、出産祝いの品と共に贈る場合には、「別の品は出産のお祝いのしるしになります。お納めいただければ幸いです」など、出産祝いを贈っているということを一言入れておきます。そして最後に、結びの言葉で締めます。
<気楽にお祝いの言葉を伝える場合>出産祝いの添え状として等ではなく、友達や同僚など気楽に出産祝いの言葉を伝えたい場合には、メッセージの形式等にはこだわる必要はありません。大まかにいって、次の5点が含まれているものなら、喜ばれるものになるでしょう。①赤ちゃんの健やかな成長を願う一言②産後のお母さんの体をいたわる一言③これからの子育てを励ます一言④出産を我がことのように喜んでいること⑤赤ちゃんを見せて欲しい、今後も遊びに行かせてくださいという一言の5点になります。
<忌み言葉>出産祝いは、赤ちゃんの誕生を祝うおめでたいものです。ですからいくら冗談であったとしても使ってはならない、忌み言葉といわれる言葉があります。これを使うと、失礼に当たるだけでなく、その後の関係も危ぶまれるものになりますから、絶対に使わないようしましょう。出産祝いにおける忌み言葉は、具体的には次のようなものがあります。「流れる」「落ちる」「詰まる」「滅びる」「死ぬ」「病む」「逝く」「敗れる」「弱い」「しなびる」「短い」「折れる」などです。これらはどれも、出産後の赤ちゃんが元気に成長しないとか、お母さんが疲れてしまうというようなことを暗示するような言葉になっています。忌み言葉は、タブーとされている言葉ですから、知らなかったでは済まされないことがあります。出産祝いによって関係悪化をしたくないなら、忌み言葉の使用には十分に気をつけるようにしましょう。とはいえ、出産祝いの気持ちを伝えたいなら、自然に使う必要のない言葉ともなっていますから、神経質になりすぎる必要はないかもしれません。
<出産祝いを現金で贈る場合の相場>出産祝いの品として適当なものが思いかばない場合や、何か品物を送るよりも現金や商品券を贈って、お母さんたちがほしいものを購入するのに役立ててもらいたいという場合には、出産祝いを現金、商品券の形で贈ります。また職場の同僚や親戚などには、連名で現金や商品券を出産祝いとして送ることもあります。その場合、次のような年代と金額が相場になっています。
20代の方が贈る場合には、兄弟や姉妹への出産祝いは10,000円、友人や親戚、同僚には5,000円くらいが相場です。30代の方が贈る場合には、兄弟姉妹や親戚の方には10,000円、友人や同僚には5,000円くらいが相場です。40代以上の方が贈る場合には、おおよそすべての方に10,000円というのが相場です。
なお、目上の方に品物以外で出産祝いを贈る場合には、商品券は避け、現金を贈る方が失礼ではありません。

また、出産祝いを現金で贈る場合には、必ず新札を使います。折曲がっているようなものや使い古しているようなお札は使用を避けましょう。また、縁起の悪い言葉につながる数字である「4」や「9」は避けます。

pickup

タウンページ
http://itp.ne.jp/?rf=1
上大岡 美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000165818/

2015/3/11 更新